凌雲閣跡

凌雲閣跡

凌雲閣は、明治22(1889)年に建てられた、木造九階建・高さ130尺(約39メートル)の建物です。当時この場所には、茶店や温泉、弓場、自転車競走場、ボート池などが配された3,900坪もの公園「有楽園」があり、凌雲閣はそのシンボルとして親しまれました。一階と二階は五角形、そして三階から八階は八角形をしており、らせん状に通路が巡らされていたといいます。最上階の九階部分には展望台や時計台があり、ここに登れば、大阪市中を一望することができました。いつ頃まで建物が残っていたのかは、はっきりとはわかっていませんが、昭和初期には撤去されていたようです。

当時の大阪は、
「高層建築物」ブームだった!?

凌雲閣ができる前年の明治21(1888)年、難波に「眺望閣」と呼ばれる五階建の高層建築物が建てられました。眺望閣の高さは凌雲閣よりも少し低い約31メートルで、屋上展望台からは、河内や和泉の街並み、淡路島、播磨方面までが見渡せたと言われています。この眺望閣は「南の五階」、そして凌雲閣は「北の(北野の)九階」と呼ばれて大阪でブームとなり、大いに賑わいました。
また明治22(1889)年には、現在の新世界付近に「今宮商業倶楽部(偕楽園商業倶楽部)」という、博覧会の前身に近い大規模な商業娯楽施設がつくられました。ここには洋館五階建の本部があり、最上階は展望台として多くの人に利用されました。

歴史発見!梅田東まち歩きトリビア①

「有楽園」の池に浮かんでいた
「バッティーラ」とは?

凌雲閣があった公園「有楽園」には、約200坪もの大きな池がありました。当時の新聞記事によると「200坪程の池を掘りバッティーラを浮ばせ假山(つきやま)を築き茶店を設け四季の花卉を植ゑ……」とあり、この池には『バッティーラ』と呼ばれる物体が浮かんでいたようです。では、このバッティーラとは何でしょうか?実はこれ、ポルトガル語で「小舟」のこと。つまり池ではボート遊びが楽しめたのです。
ちなみにバッテラ寿司のバッテラは、その形が小舟の形に見えたことから名づけられたそうです。

歴史発見!梅田東まち歩きトリビア②

「有楽園」の敷地3,900坪は、
どのくらいの広さ?

「有楽園」の敷地は3,900坪であったと伝えられています。これはテニスコート約49面分の広さ。そして甲子園球場のグラウンド面積とほぼ同じ広さでした。

歴史発見!梅田東まち歩きクイズ

凌雲閣の入場料「3銭」は、
現在のいくらくらいに
相当する?

凌雲閣が完成した明治22(1889)年、凌雲閣の入場料は「3銭」でした。これを現在のお金に換算すると、どれくらいの価値になるでしょうか?

  • 30円
  • 600円
  • 5,000円

正解はこちら

正解=②
物やサービスの種類によって価格の上昇率に違いがあるので、お金の価値を単純に比較することは難しいのですが、凌雲閣の入場料3銭は現在の600円の価値に相当すると言われております。
明治44(1911)年頃の、民間工場での男性の日給が約50銭、大工さんの日給が約90銭でした。

梅田東史跡一覧

史跡MAP

大阪府大阪市北区茶屋町2-9

アプリで地図を見る

PAGE TOP