旧梅田東小学校跡地

旧梅田東小学校跡地

明治8(1875)年に現在の北区神山町で発足した大阪府西成郡北野小学校が、明治15(1882)年に野崎尋常小学校と改称、同39(1906)年にこの場所へ移築され、昭和22(1947)年に梅田東小学校と改称されました。その後就学人口の減少などによって、大阪市立梅田東小学校は平成元(1989)年に閉校となり、曽根崎小学校と統合(大阪市立大阪北小学校)されることとなりました。跡地には、大阪市梅田東学習ルームが建設され、地域の文化交流や生涯学習、研修の場などとして活用されていましたが、大阪市が土地を売却。2017年4月より、大阪工業大学梅田キャンパスが開校し、未来を担う新しい知を世界へ発信する場所になります。

梅田東小学校、児童数の推移

明治8(1875)年の開校当時、児童数は91名でしたが、移築された明治15(1882)年には335名と3倍以上の児童数になっていました。明治30(1897)年には土地が発展したことなどが手伝って児童数が急増。その数は1,236名にものぼりました。
その後も児童数が激増したため、明治34(1901)年と明治35(1902)年に、新たに小学校を建設。その結果、明治35(1902)年には大阪府大阪市第一北野尋常小学校(後の梅田東小学校)の児童数は794名となりました。
その後も児童数は増加を続け、大正9(1920)年には1,712名となりましたが、昭和20(1945)年には、戦争の影響もあって児童数は200名と大幅に減少しました。戦後の復興が進んだ昭和24(1949)年には540名となりました。

歴史発見!梅田東まち歩きトリビア

改称なんと8回、
梅田東小学校の校名の
移り変わり

梅田東小学校は、明治8(1875)年の開校以来、何度も改称を行ってきました。ここでは、その移り変わりをご紹介します。

明治8(1875)年 大阪府西成郡北野小学校
明治15(1882)年 大阪府西成郡野崎尋常小学校
明治22(1889)年 大阪府西成郡野崎尋常高等小学校
明治34(1901)年 大阪府大阪市北野尋常高等小学校
明治35(1902)年 大阪府大阪市第一北野尋常小学校
大正9(1920)年 大阪府大阪市済美第一尋常高等小学校
大正11(1922)年 大阪府大阪市済美第一尋常小学校
昭和16(1941)年 大阪市梅田東国民学校
昭和22(1947)年 大阪市立梅田東小学校

歴史発見!梅田東まち歩きクイズ

昭和40年と昭和42年に
梅田東小学校が受賞した賞は?

  • 全日本健康優良学校特選
  • 博報賞
  • NHK全国学校音楽コンクール
    小学校の部金賞校

正解はこちら

正解=①
地域の実態に即した独自の工夫と努力をはらって、児童の心身の健康づくりに意欲的に取り組んでいる学校を表彰する制度「全日本健康優良校」において、梅田東小学校は昭和40(1965)年と昭和42(1967)年に特選校として選出され、表彰を受けています。

梅田東史跡一覧

史跡MAP

大阪府大阪市北区茶屋町50番

アプリで地図を見る

PAGE TOP